スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

谷口さんの「オルガン」、プレーパークへ。| Tomoko Taniguchi's 'Organ', to the playpark!
このあいだのドラゴンのワークショップの先生、谷口智子さん。実はことし開かれた瀬戸内国際芸術祭にも参加していました。
Tomoko Taniguchi, our teacher for the dragon workshop from not so long ago, actually exhibited at this year's Setouchi International Art Festival.

作品タイトルは「オルガン」。これは、ものすごくながいパイプが、島の坂道や畑の横をつながるように置かれていて、糸デンワみたいにあっちとこっちで話ができる仕組み。瀬戸内海に浮かぶ男木島(おぎじま)に展示されていました。NHKの「日曜美術館」をはじめ、たくさんのメディアで取り上げられたので、どこかで見たことがあるかもね。
The title of her work was 'Organ'. Long pipes were placed on the slopes and alleys of the island, and are intricately connected to become a kind of communication structure where people can talk to each other through openings of the pipes. This installation was on show on Ogijima, one of the islands of the Seto Inland Sea. The festival was introduced on NHK's 'Nichiyou Bijutsukan' ('Sunday Art Gallery') and there has been a lot of media coverage on the festival, so you probably have seen it somewhere.

その作品が、こんどは渋谷の「はるのおがわプレーパーク」に登場。場所は代々木公園のすぐ近くです。瀬戸内から東京へ。ずっと遠くからオルガンが運ばれてきました。
This piece of artwork will be part of 'Harunoogawa Playpark' in 
Shibuya. This park is located very near to Yoyogi Park. All the way from Setouchi to Tokyo, this 'Organ' has certainly travelled a long journey.


はるのおがわプレーパーク。ここはこどもたち自身で遊びをつくる場所。
This is 'Harunoogawa Playpark'. It's a place where children can invent their own play.

02高層基地1+.jpg
引越ししてきた「オルガン」。大きな木を
伝うようにしてパイプがつながります。
The 'Organ' has moved all the way here! Some of the pipes now run through this big tree.
 
05高層基地4+.jpg
パイプのどこかに穴が開いていて・・・。
Where is the opening along this pipe...?

07高層基地6+.jpg
自分で声を出したり、向こうの誰かの声を聞いたりすることができます。
If you make a sound, someone will be able to hear it somewhere else.

09地下作る+.jpg
でも地面に穴を掘っていくのもやっぱり楽しい。
Digging holes in the ground is also quite fun...

08小枝ドーム1+.jpg
「オルガン」のすぐとなりには小枝ドーム。これは1日でつくったみたい。
Near the 'Organ' there was a little dome made of twigs. Looks like it was something made in a day.

建築家でありながら、こどもたちの遊びについても熱心に考えている谷口智子さん。「ドラゴン」や「オルガン」のほかにも、面白いアイディアをたくさんもっています。これからもみんなに夢を与えてくれる作品をつくってくれるとうれしいね。
While she is an architect, Tomoko Taniguchi has always been enthusiastic about children's play. Besides the dragon from the workshop and the 'Organ', she also has many other interesting ideas relating to 'play'. Wouldn't it be so great if Ms Taniguchi can continue to realise people's dreams through her works.

リンク | Link:
はるのおがわプレーパーク | 'Harunoogawa Playpark'
東京都渋谷区代々木5-68-1
5-16-1 Yoyogi, Shibuya-ku, Tokyo.
「伝説の大きくてながーいドラゴンに住もう!」フォトレポート | 'Let's live inside the legendary dragon!' workshop photo report
こんにちは。『するところ』です。
今日のするところは・・・
入ってみてびっくり!
大きなドラゴンが現れたよ!

ドラゴンって知ってる?
どんな生き物なんだろう?
怖いかな?

Hello! This is 'surutokoro'.
If you go to 'surutokoro' today you might be startled to see a big dragon appear before your eyes!

What do you know about dragons?
What kind of creature is it?
I wonder if it's scary?

015.jpg
見た目はとっても怖そう!
食べられちゃうかも!
How frightening does it look!
Looks like it's going to to eat me up!

ドキドキしてじっと見ていると、
ドラゴンもじっとして動かない。
まるでなにかを待っているみたい。
It's scary, but even if you take a good look at it, 
the dragon remains still.
It's as if it is waiting for something...

そうだ!
今日の『するところ』は
「伝説の大きくてながーいドラゴンに住もう!」だったね。
もしかしてこのドラゴンって、
みんなといっしょに遊ぶのを
じっと待っているのかも。
That's right!
It was 'Let's live inside the legendary dragon!' workshop!
Perhaps the dragon was actually waiting quietly to play with everyone.

今日の先生は、谷口智子さん。
Today's teacher is Tomoko Taniguchi. 

01.jpg
ドラゴンを『するところ』に
連れてきてくれたんだよ。
Ms Taniguchi actually bought the dragon along to 'surutokoro'.

このドラゴンの体には、
6つの世界があるんだって。
どんな世界か知ってる?
それはね、海、花園、森、雷、宇宙、炎。
でも、今はまだまっさらなドラゴン。
There are six worlds inside the body of this dragon.
Do you know what they are?
There is the ocean, a flower garden, a forest, lightning, the universe and lots of flames.
But this new dragon was yet to materialise..

02.jpg
みんなでドラゴンの体に6つの世界をつくってあげよう。
6つの世界に合わせて、チームに分かれました。
Everyone helped to make the six worlds of the dragon's body. 
We split into teams to do that.

017.jpg
まずはドラゴンの骨に、ネットをつけたよ。
これがつながって体が出来ていくんだね。

First we attached the net onto the dragon's bones. 
This connected the different parts of the body together. 

次はドラゴンの体の中をつくっていくよ。
Next we made the insides of the dragon.
05.jpg
このチームは「森」です。
みんなで相談中。
ドラゴンの体の中にある森って・・・どんなかたち?どんな色?
This is the 'Forest' team and they're in the middle of a discussion.
What kind of shapes and colours would there be if there was a forest inside the dragon?

06.jpg
ママといっしょに考え中。
この水色はどんな世界につながっていくんだろう。

Thinking about it with mum.
What kind of world will this blue tape hold together, I wonder. 

08.jpg
「海」チームは紫色を使っているね。
あれ?隠れて見えるのはタコさんかな?

Here the 'Ocean' team is using purple. 
I wonder if they're making an octopus?

09.jpg
ドラゴンの体はみるみる大きくなっていくよ。
The dragon's body got bigger and bigger right before our eyes!

07.jpg
たくさんの色とみんなにかこまれて、
ドラゴンがとってもうれしそう!

Surrounded by so many colours and people, the dragon looked very happy!

ドラゴンはやさしい笑顔で、
みんなを呼んでいるよ。
じゃあ、いっしょにドラゴンの体の中に入ってみよう。
The dragon is calling for everyone with a kind smiling face.
Right, let's go inside the dragon and have a look.


ドキドキ、わくわく。
ooooo, how exciting!

016.jpg
ふしぎがいっぱいのドラゴン。
やっぱりちょっぴり怖い?
What a strange dragon. 
Still a little bit scary?

022.jpg
わー!
ドラゴンの口からおともだちが飛び出した!
あーびっくり!食べられたのかと思っちゃった!

Waaaa! 
Out comes our little friend from the dragon's mouth!
What a surprise! We thought he was eaten!

013.jpg
最後はドラゴンといっしょに記念写真。
At the end, we took a photo with the dragon to remember the wonderful day.

いちばんさいしょに会ったときと、
ドラゴンのお顔が全然ちがう。
伝説のドラゴンはみんなとお友達になりました。

When we met for the very first time, 
the dragon's face was very different indeed.
The legendary dragon has become our friend. 

020.jpg
それからそれから。
ドラゴンはみんなが帰ってしまったあと、
『するところ』でぐっすりねむっていたよ。
谷口さんといっしょにお家に帰ってしまっても、
みんなのことは忘れないって言っていたよ。

So what happens now?
After everyone left 'surutokoro', the dragon fell sound asleep.
The dragon told us, even when it is time to go home with Ms Taniguchi, 
he will not forget everyone.

011.jpg

ボクのからだは固い
さわってほしいけど、
君はいやがるかもしれない
My body is hard and rigid. 
I want to touch, 
But I think you won't like it.

ボクのくちからは
真っ赤な炎がでる
お話ししたいけど
君を怖がらせてしまう
From my mouth,
out comes bright red flames.
I want to speak, 
But you will be terrified. 

だれもしらないボクの体
中にはたくさんの景色がある
Though I don't know anyone,
there is a lot to see 
inside this body of mine. 

おしえてくれたのは君だった
こわくないよ!って笑ってくれた
It is you who laughed 
and told me that 
I'm not scary

小さな君と、大きなボクと
大きな君と、小さなボクと
You are little and I'm big
You're big and I'm little.

「あそんでくれてありがとう」
'Thank you for coming to play!'


ワークショップのキロク
「伝説の大きくてながーいドラゴンに住もう!」
先 生: 谷口 智子
日 時: 2010年11月27日(土) 午後2時から4時まで
天気: 気持ちいい晴れ
参加者: 親子あわせて49人

 [Workshop report]

for 'Let's live inside the legendary dragon!

Teacher: Tomoko Taniguchi

When:  27 Nov 2010, Saturday, 14.00 - 16.-00

Weather: A lovely fine day

Who:  49 kids and parents in total

ご協力企業(敬称略) | Cooperation enterprise:
株式会社中川ケミカル


photo: Naomi Mutoh
text: Shirakumaikuko / jodywong
今週の『するところ』は・・・ | This week at 'surutokoro'...
11月27日(土)はワークショップ「伝説の大きくてながーいドラゴンに住もう!」がいよいよ開催。
Saturday's (27/11) workshop 'Let's live inside the legendary dragon!' is fast approaching!

当日はダンボールとネットで、10メートルをこえる大きな骨格が用意されています。みんなは大きな色紙を使って、ドラゴンのからだを好きなようにデコレーション。カラフルなドラゴンが誕生します。
On the day we will use cardboard and net to fatten this large ten meter long skeleton. Everyone will get to use coloured paper and decorate the dragon's body in any way they like. A very colourful dragon will be born!

いま『するところ』では
、土曜日の本番に備えて材料をセッティング中。写真はドラゴンの骨組みになります。すごくしっかりしていて簡単には倒れません。建築家さんはすごい!みんなでドラゴンをつくったら、ここを通り抜けて遊ぶことができるよ!
Now at 'surutokoro', we are setting up the materials for Saturday. The photo is of the dragon's skeleton.  It is so solid and doesn't easily fall over. Architects are amazing! When we finish making this dragon, we will be able to play inside it!


どんなドラゴンができるかな? I wonder what kind of dragon it will be?


---------------------------------------

谷口智子 「伝説の大きくてながーいドラゴンに住もう
Tomoko Taniguchi  - 'let's live inside the legendary dragon!'

イラストは谷口さんによるイメージスケッチです。

[日 時] 2010年11月27日(土) 午後2時〜4時ぐらいまで

[参加費] 大人500円 こども300円

[定 員] 親子20組(要予約)
     ※予約は終了いたしました

[対  象] 2歳ぐらいから

[先 生] 谷口智子さん


[DATE] 27 November 2010 (Saturday), 2.00pm to around
          4.00pm

[FEE] Adults 500yen, Child 300yen

[CAPACITY] 15 groups (parents + kids), reservations
                
Acceptance of applications for our workshop has now closed

[WHO] Ages 2 and up

[TEACHER] Tomoko Taniguchi

-1970年生まれ。1993年武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科卒 業。1993年〜98年設計事務所勤務。1999年〜有限会社ティー・プロダクツ建築設計事務所。住宅やインテリアを中心に活躍中。現在開催中の瀬戸内国 際芸術祭にも参加されています。

- Born in 1970. Graduated from Musashino Art University Faculty of Arts in Product Design. Worked in design offices from 1993 - 1998. Founded T-products Architect's Office in 1999. Works include residential and interiors. Currently participating in the Satouchi International Art Festival.

リンク | Link:

ご協力企業(敬称略) | Cooperation enterprise:
株式会社中川ケミカル

ワークショップ先生谷口さんQ+A|Q+A with Tomoko Taniguchi, our next workshop teacher
 TaniguchiTomoko-295x265.jpg

--------------------------
●Q. 
どうして建築家になったのですか?  
Why did you want to become an architect?

小さい頃、みんなで空き地に何個も基地を作って遊んでいました。コンクリートブロック積みで作ったり(危険ということで取り壊されました、、)竪穴式住居の様に穴を掘ってトタン板をかけり。それが面白かったので建物の楽しいかたちを考える人になりたいと思いました。

When I was younger, everyone used to play by making countless 'bases' at a piece of vacant land. We built using concrete blocks (it was a dangerous thing to do so it was demolished), and also made shelters by digging burrows and using galvanised sheeting. Playing in this kind of way was interesting for me, so I thought I would like to become someone who thinks about delightful building forms. 

--------------------------
●Q. 
どのような建築が得意なのでしょうか?
What kind of architecture are you good at?

基地みたいな家。かくれんぼ出来る家。よじ登れる家。長生きした建物に少しだけ工夫をして、また長生きする建物。
変身する建物、たとえば家だった建物がお店になったり、工場だった建物がみんなの図書館になったり、変身して、また新しい使い方をされる建物。

Houses that look like bases. Houses where you can play hide and seek. Houses that you can climb up on. Work out ways for old buildings so that they can live for an even longer time.
Buildings that can morph, for example a building which was a home can become a shop, what used to be a factory can become everyone's library. Therefore, I like to transform buildings so they can also adopt a different use.

--------------------------
●Q. 
子供の頃はどのように遊んでいましたか?
How did you used to play when you were little?

近所の空き地で良く遊びました。ブロック塀をよじ登って空き地に行って、基地を作って鬼ごっこしたり、転がってるドラム缶に乗って玉乗りみたいに走ってみたり。二つ年上のガキ大将がいて良くアカチンを塗ってもらいました(ほぼ半泣き)。河原の土手を段ボールに乗って滑り降りたりもしました。

The vacant land near my house was a great place to play. I used to climb up and walk on a masonary wall to get to this vacant land, where we would make a 'base' to play 'tag' in. In this 'base' we also like to play with big drums turned on its side,  on which we would climb on and try to balance on it.  There was a kid who was two years older, the leader of the group of kids, and he would always stain us with mercurochrome (and we'd cry). Another thing we used to do was riding down the banks of a dry riverbed on pieces of cardboard.

--------------------------
●Q. 
これからの夢は何ですか?
What is your dream now?

建物と建物をつないでいる道についても考えています。皆さんはお友達に会いに行くときに、一度家を出て、道を通って友達のところへ行くでしょ?その道にお花が咲いていたり、ベンチがあって少し座っておしゃべりできたらワクワクするでしょ?そのようにワクワクする道の空間も考えていきたいです。

I often consider the areas between buildings and where there are no buildings. When you meet a friend, you would leave your house go a certain path to your friend's house right? Wouldn't your journey be more exciting if this road has flowers blooming, and if there is a bench where you could sit down for a little bit to chit chat? I would like to think about these kind of lively street spaces. 

--------------------------
●Q. 
どんなワークショップにしたいですか?
What kind of workshop do you want to do?

今回とにかく長いドラゴンを作ります。外からみた長さと、内側に入ってその長さを体験するのはまた違った感じ方になります。わたしの思う建築とは内部空間を体感して、ときめきを発見することなのです。みんなが作ったドラゴンの体の中に入って、みんなと一緒にワクワクドキドキを発見したいです。

At this workshop we will make a long dragon. When you enter the length of this long dragon, you will be able to experience a different feeling from what you would have expected from standing on the outside. This is a special feeling that I would like to discover inside the type of architecture I think about. At the workshop, everyone will get inside the dragon which we will make, and I would like us all be able to discover this feeling.

-------------------------- 
ありがとうございました谷口さん!27日に『するところ』で楽しみにしています!
Thank you Ms. Taniguchi! We look forward to seeing you at 'surutokoro' on the 27th!


谷口智子 「伝説の大きくてながーいドラゴンに住もう
Tomoko Taniguchi  - 'let's live inside the legendary dragon!'

[日 時] 2010年11月27日(土) 午後2時〜4時ぐらいまで

[参加費] 大人500円 こども300円

[定 員] 親子15組(要予約)
            コチラのフォーム、またはお電話にてお申込み下さい。

[対 象] 2歳ぐらいから

[先 生] 谷口智子さん


[DATE] 27 November 2010 (Saturday), 2.00pm to around
          4.00pm

[FEE] Adults 500yen, Child 300yen

[CAPACITY] 15 groups (parents + kids), reservations
                required!
                
To make a reservation for this workshop,
                please fill in this form.


[WHO] Ages 2 and up

[TEACHER] Tomoko Taniguchi

-1970年生まれ。1993年武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科卒業。1993年〜98年設計事務所勤務。1999年〜有限会社ティー・プロダクツ建築設計事務所。住宅やインテリアを中心に活躍中。現在開催中の瀬戸内国際芸術祭にも参加されています。

- Born in 1970. Graduated from Musashino Art University Faculty of Arts in Product Design. Worked in design offices from 1993 - 1998. Founded T-products Architect's Office in 1999. Works include residential and interiors. Currently participating in the Satouchi International Art Festival.

リンク | Link:

ご協力企業(敬称略) | Cooperation enterprise:
株式会社中川ケミカル